手回しオルガンのブック作りワークショップ

手回しオルガンのブック作りワークショップについて

*手回しオルガンは、ブックという穴の空いたカードを使って曲を演奏します。
そのブックをみんなで作って、一曲を完成させるワークショップです。
通常は、このブックは紙を切る所から作っており、耳コピをして、編曲をして、
穴のあける場所に全て下書きを書いて、カッターとノミであけて作っており、
一曲の完成までに約70時間ほどかけて作ります。
それを、みんなで手分けして、協力して一曲のブックを完成させます!

〜必要時間〜
約2〜3時間ぐらい

〜対象年齢〜
カッターを使いますので、安全に使えれば何歳からでも大丈夫です。
(小さなお子様は、安全に為に保護者の方と一緒にご参加される方が多いです)

〜必要な道具〜
(*約10名分のご用意はありますので、事前に何名ぐらいの参加者が分かりましたらお知らせください)
・カッター(左利き用のカッターのご用意も出来ます。)
・カッターマット

〜ワークショップの流れ〜

1.)事前に穴を開ける箇所に下書きを書いたカードを私が用意します。
そのカードには通し番号が書いてあり、そのカードをランダムで配ります。
(この段階では、何の曲を作っているか分かりません。完成した時のお楽しみです♪)

2.)配られたカードを、カッターを使い、下書きの線にそって穴をあけていきます!
線から余りにずれて切ってしまうと隣の音がなってしまうこともありますが、
完成して最後に音を出すその時まで分かりません(笑

3.)自分が作ったカードには、後で自分の作ったカードが分かるように名前を書きます。

4.)穴を開け終わったカードは、番号順に並べて、テープで繋げていきます!

5.)最後のカードまで、無事に繋げることが出来たら、いよいよカードを手回しオルガンに
セットして音を出します。緊張の瞬間です!

6.)ワークショップに参加した皆んなで、少しずつハンドルを回しながら演奏していきます!
ちゃんと、自分の作ったカード、音が鳴るかな!ドキドキの瞬間です!

7.)みんなで交代で演奏を楽しみます♪
最後はワークショップ参加者みんなで写真を撮ったりします。

〜最後に〜

手回しオルガンという楽器は、珍しく、とても面白い楽器なので、
コチラの手回しオルガンコンサートだけでも
十分魅力的な時間をお楽しみいただけるかと思います。

ですが、もしコンサートの前に、開催できるお時間がありましたら、こういった
ワークショップを実施するのも大変オススメです。
ただ聴くだけよりも、その楽器の一部分を自分の手で作ることにより、より一層
この楽器に対しての、興味、好奇心をそそる事でしょう!

このワークショップ実施の為にかかる費用は、
参加人数 ✖️ 一人500円の参加費で実施可能です!

ご興味ある方、ご不明な点は、コチラよりご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です