芸術鑑賞会向け「ケルティックコレクション」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

芸術鑑賞会向け作品(パフォーマンスラボ作品)

ケルティックコレクション(45分〜90分)

ケルト音楽に注目したエンターテイメントコンサート!

■ケルト音楽と聴いて、聞き馴染みのない方もいらっしゃるかもしれません。
ケルト音楽とは、ヨーロッパ地方に伝わる民族音楽のジャンルの一種で、
アイルランドや、スコットランド、北スペイン、フランスといったように、様々な国に存在しております。

 日本で馴染み深いケルト音楽としては、「蛍の光」スコットランド民謡が代表でしょう。


その他には、フィギュアの荒川静香さんが使った楽曲で有名になった「You raise me up!」や、
ジブリの作品の「借りぐらしのアリエッティ」「メアリと魔女の花」などでもケルト音楽が使われています。

■映画「タイタニック」でもアイルランド音楽が注目を浴びました。
映画をご覧になった事がある方も多いのではないでしょうか?
セリーヌディオンさんが歌う、主題歌の「My Heart Will Go On」の冒頭の笛の音は
アイルランドの伝統的な「ティンホイッスル」という笛が使われております。

映画の中盤で、賑やかな音楽に合わせて踊るシーンがあります。
その中で演奏されている楽器や、音楽もケルト音楽の一つであるアイルランド音楽です。

■このシーンで登場している楽器は、最初のパーカッションが、アイルランドのフレームドラム
「バウロン」です。そして演奏されているバグパイプは同じくアイルランドのバグパイプで
「イーリアンパイプス」と言います。他にも様々なケルト楽器が登場します♪

■例えばケルト音楽を代表する楽器に、「バグパイプ」という楽器があります。
音楽の教科書では、良くてもスコットランドのものとしてとしか紹介がありません。
その為、バグパイプという楽器はスコットランド特有のもの。発祥のものと
 思われている方が多いと思います。
その発祥のルーツは定かではなく、ケルト音楽が根付く、様々な国々に形を変えて存在します。

本公演では、有名なスコットランドのバグパイプや、私の演奏するスペインのバグパイプなど、
様々なバグパイプの生演奏を楽しむ事が出来ます。
生楽器の生演奏で、それぞれのバグパイプの音の違い、見た目の違い、奏法の違いなどを
間近で体感する事が出来ます。
今ではCDやテレビ、Youtubeなどで見た事がある方も増えてきました。
しかし、ほとんどの生徒さんが、生音を聴くのは初めての方が多く、想像以上の音の大きさ、迫力に
 驚かれる事が多いです。

海外でも演奏活動をされている、国内を代表するケルト楽器奏者が出演します。
ぜひ、ケルト音楽の魅力に触れてみていただけたらと思います。

プログラム例(60分公演の場合)

※小学校、中学校、高校など、対象の年齢に合わせたプログラムを作ります。

■ご予算により、共演出来るミュージシャンの人数が変わったり、演出が変わりますので、
お問い合わせ時に、ご予算の教えていただけますとと、折り返しのご連絡の際に、
具体的なご提案が可能です。

※共演例
バグパイプ奏者(1人)+アイリッシュハープ奏者(1人)+フィドル奏者(1人) など

アイリッシュダンサーといったパフォーマンス要素を加える事により、より楽しい演出を加える事が出来ます。

プログラム例(60分公演の場合)

・スペインのバグパイプ演奏「ラベルのボレロ」
・プロジェクターを使い、クイズ形式で楽器の紹介
・スペインのバグパイプ演奏「アメージンググレース」
・プロジェクターを使い、世界の様々なバグパイプを紹介(映像を使います。)
・スコットランドのバグパイプ演奏「スコットランドザブレイブ」
(有名なスコットランドのバグパイプを実際に演奏して違いを聴き比べてもらいます。)
・バグパイプ演奏体験
 (何人かの生徒さんに、実際に楽器に触ってもらったりします)
・共演者のケルト楽器の紹介コーナー
・「フィドルってなに?」「バイオリンと何が違うの?」
・「バウロンってない?」「他のパーカッションと違ってココが凄い!」
・ケルト楽器アンサンブル「アイルランドの伝統曲」
・スペインのバグパイプ演奏「Song for the Smallpipes」
・アンコール 学校の校歌をケルト楽器のアンサンブル演奏で大合唱!

ケルティックコレクションのプロモーションビデオです。

※日々良いものにする為、試行錯誤をしていますので、
現在のショーの内容が、PVの内容と演出が変更している点もございます。ご了承下さい。

Celtic 2018 05 24

バグパイプ体験

ほとんどの生徒さんは、想像していたよりも音を出すのが大変な事に驚かれます!
実際に自分の手で触って、体験する事が知る事が沢山あります。

生徒の近くへ!スコットランドのバグパイプ演奏

生徒全員参加の、アイリッシュダンスの体験も出来ます!最後は生演奏に合わせて一緒に踊ってみよう!

まずはアイリッシュダンスのカッコイイデモンストレーション。

その後に全員立ち上がって、実際にステップを踏んで覚えていきます。
最後には、ミュージシャンの生演奏に合わせて一緒に踊ります♩

バグパイプ+アイリッシュフルート+ケルティックハープ+バウロン


様々な楽器編成でお届けする事が出来ます!
学校の体育館にある、ピアノを公演の中で使わせていただくこともございます。

演奏する場所も、より生音や演奏のライブを身近に感じてもらう為に、
生徒さんの人数などにより、ステージ上ではなく、ステージ下で公演をさせていただくことも出来ます。

バグパイプ+ピアノ+ドラム+ギター+アイリッシュダンス+etc

アイリッシュダンサーを交えたバージョンもあります。
特にアイルランド音楽や、ケルト音楽には音楽と踊りは密接な繋がりがあり、
生演奏と、ダンスのコラボレーションしたステージは、よりケルト音楽に対してのイメージが印象的に残る事でしょう! アイリッシュダンスでは、生徒全員参加の、体験も出来ます。

タイトルとURLをコピーしました