Podea社のレーザーカッターを見に行ってきました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Podeaの会社に行ってきました!

スポンサーリンク

レーザーカッターに興味がない方には全く興味がない投稿かと思います(笑
が、レーザーカッターの購入を検討している方、興味がある方には少し参考になる記事かもしれません
Podeaのレーザーカッター、とても良い商品だと思ったのですが、ネットで調べてみても
ほとんど情報がなく、ユーザーレビューも出てこなかったので、実機を触りにいっちゃいました♪

本記事で比較対象に出てくるSmartDIYsのレーザーカッターを触りに会社に行った記事はコチラ
よかったら合わせてご覧ください♪

FABOOL laserの会社、smart DIYsに行ってきました!
以前購入したFABOOL laser mini 3.5wを作っている会社、smart DIYsに行ってきました! 実はコチラの会社は、私の実家がある山梨にあります。 通っていた高校の近くでしたw 本当は購入する前に、一度製品を見て...

会社の場所は熊谷近くの吹上という所にありました。
私の住んでいる名古屋からは約5時間ちょっと♪

Podea社のレーザーカッターといえばコチラ!

スポンサーリンク

私は今SmartDIY社製の、3.5wタイプのレーザーカッターを使っていますが、
実はPodea社のコチラのレーザーカッターとも購入の検討をしました。
「Podea-01」です

podea レーザー加工機 製品仕様
podea-01 レーザー加工機 の特徴と仕様をご紹介いたします。

コチラのタイプのレーザーカッターの個人的に凄いなと思う点は、
現在のタイプ[I]モデルなのですが、A,B,C,D,E,,,,とverアップの改良を重ねていって現在の「I」まで
いっている所。
日々、より良いものへと改良され続けていっている点です。
そして国内で生産もしており、クオリティが高いです。

何よりも、ダイオードタイプのレーザーカッターとしては、smartDIYでは3.5wの強さが一番強いのですが、何と「6w」のレーザーを搭載したモデルも販売しております!!!

うーん、きっと、この数値に感動できる人は少ないかもしれません(笑
ですが、この3.5wと6wのパワーの差は全然違うのです。。。
3.5wだと何とか2.5mmのMDFが8周ぐらい重ね切りして何とか切れるのに対して、
2周ぐらいの重ね切りでスパッと切れちゃうんですーーー!!
凄い!!!

そしてSmartDIYのレーザーカッターでは位置決めをするのが難しいのですが、
すごく弱いパワーでレーザーを出して(青い光の所です)位置合わせをするのが簡単になっております。

今回の目当ては、Podea zero Primo/Corsa

スポンサーリンク

今回、是非実機を見てみたかったのはコチラ!!
PodeaのCO2レーザーカッターです
ガラス管モデルと、金属管レーザーモデルの2種類です!
https://www.podea.net/podea-zero-top
どんなマシンなのかな?と興味がある方は、上記のリンクを見ていただけたらと思うのですが、
とてもユーザーにも優しいつくりとなっています。

smartDIYのCo2レーザーカッターも勿論素晴らしのですが、組み立て式で自分で調整をする必要なあり、ちょっとハードルは高めかもしれません。
一方、コチラは、完成品として購入することが出来ます。
受注生産な為、1ヶ月半ほどの納期が必要な様です。
お値段も周りのオプションをつけていくと、smartDIYのCo2レーザーとも良い勝負でした♪
右が、ガラス管、左が金属管です。

性能的には金属管の方が優れているのですが、値段もかなり違います。
が、ご安心ください。
ここは、Podea社の素晴らしなと思う所です。
ガラス管を買った後に、そろそろステップアップしようかな?と思った時に、本体を丸ごと買うことなく、この発振器の部分だけ、ステップアップすることが出来るそうです!
その辺りもユーザーに優しくて素晴らしいなと思いました♪

コチラが金属管発振器。
ガラス管の場合は、冷却水を使った装置が必要なのですが、金属管の場合冷却水が必要なく空冷で
いけるみたいで、省スペースにもなります!

SmartDIYかPodeaか、どちらのレーザーがを買うべきか?

スポンサーリンク

きっと、この記事を読んでいる方の中には、この2択で迷われている方も多いかと思います。
私の個人的な見解を書かせていただきます。

金額について

金額だけで見ると、SmartDIYに軍配が上がります。
しかし、自分で組み立てる必要があり、自分で組み立てるという事は、様々な調整も自分でする必要があります。レーザーカッターにおいては、加工精度の問題もあり、この調整がどれだけ上手に出来るか、とても大事です。

金額的には、Podeaの方が高いものの、キチンと調整された上で発送され届けられます。
届いたらすぐに使うことが出来るのも良い点だと思います!

SmartDIYのサイトを見ると、本体価格は、259,800円(税別)

しかし、実際にこのレーザーカッターを使うには、別途販売されている消炎キットや、
排煙キットなどを買う必要があり、本体価格に更にかかることを頭に入れておく必要があります。
一方Podeaの方は、これらのオプションのものが標準装備として入って¥398,000です。

 

保証期間の延長や、コンプレッサーを静音タイプのものに変更すると値段は変わってきますが、
SmartDIYとPodeaのCo2レーザーの値段の差は実際はあまりないのかもしれません。
そうだとすると、PodeaのCo2レーザーは、国内生産かつ、調整した完成品で送られてくるので、
コチラの方が安心して使えるかもしれません。

今回、会社で担当してくださった椎名さんという方もとても親切で優しかったです。
Podeaのレーザーの情報を集めている時も、不具合があった際のアフターフォローもしっかししていて
よかったという記事を見かけました。

メンテナンス性に関して

コチラは、Podea社のZeroシリーズに軍配が上がります。
Co2レーザーカッターですが、反射板やその他の場所も、メンテナンスが必要なのですが、
コチラのzeroシリーズは、煙や、加工の際に出る屑などがつきにくい様に、
レーザーヘッドの防塵用に金属のカバーで覆われていたりしていてメンテナンスが容易になる様に作られております。

加工範囲について

Podea zeroシリーズ 600×300  深さ140mm
Fabool Laser Co2   600×440

加工可能な範囲ですが、広さ的にはSmartDIYのレーザーカッターに軍配が上がるものの、
Podeaの素晴らしい点は、深さです。
この深さは、例えばお椀などの、深さのある商品に刻印をしたりする時に、非常に便利です。
コンピューター上で、深さの数値を変えるとそれに伴って加工ベットを下げることが出来ます!

まとめ

スポンサーリンク

どんなものもそうだと思いますが、使う道具のと、自分のやりたいことの相性です。
どちらの会社も、それぞれユーザーに合わせて、日々バージョンアップを繰り返しながら
良いものになっております。
私は、現在SmartDIYの3.5wタイプのFabool laserを使っています。
MDFの加工では上手く切断できなかったりとストレスもありますが(笑
加工ベットのサイズの問題でコチラを使わせていただいております。
延長キットを買うと1m x1m四方の加工サイズに展開することも出来ます。
(faboo laserで3.5wよりも強いレーザータイプが出たら良いのになぁ。。。)

 

なんて事も思ったりします(笑

私は今、楽器の製作や、手回しオルガンのブック作りのために色々な加工方法を模索しております。
最初はカッターとノミを使うところか始まり、足踏みミシンを改造したもの
カッティングプロッターを使ったものの
レーザーカッターと色々試してきております。
今現状、色々試した上で、時間はかかるけれど、カッターとノミという古典的な手法を取っています。
手回しオルガンという楽器が、発明された当時はレーザーカッターなんていうのもは存在しませんでした。現在の新しいテクノロジーも積極的に取り入れつつ、古典的なアプローチも大事にしていきたいと思いました。

Podea社のレーザーカッター、実際に触らせていただいて、素晴らしい商品だなと感じました♪
この記事が購入を検討されている方の少しでも参考になりましたら幸いです。
お忙し中、丁寧の接してくださったPodea社の皆様ありがとうございました♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました