言葉がキツイ人からのメールに傷つかない方法を考えてみた!「和→英→和」ダブル翻訳のススメ(笑「日本語を方言?に変換するサイトもご紹介」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

言葉がキツくて傷ついてしまう文章に対しての対応策案

スポンサーリンク

皆さんの中に、私と同じような経験された方いらっしゃいませんでしょうか?
いただいたメールなどの文章の言葉がキツくて、もうちょっと違う言い方もあるんじゃないのかな?って。
きっと、その人には悪気はなかったとしても。
同じ意味を伝える時にでも、日本語には物凄く沢山の表現があるはずなのに、
何でこの人はこういう言い方になっちゃうのかな?って。
そんな時の対応策を見つけました!

もしかしたらその人は、日本語じゃなくて英語的なのかも?

スポンサーリンク

私の友人に、この悩みを相談してみたら、
「何だか英語みたいだね!」って。
どういう意味かな?と思ったのですが、英語の表現ってストレートなことが多いと思います。
(ネイティブの方に言わせればきっと色々な表現方法はあると思いますが)
その英語的な表現方法のまま、日本語で書いてるんじゃない?って。
なるほどー!と思いました!
だから、日本語って思わずに、変換して読んだら良いんじゃない?(笑 って。
そんな会話をしてる中で、もしその人からのメールの文章を、google翻訳にかけたらどうなるんだろう?って思いつきました(笑
やってみました。

Google翻訳にて、「日本語→英語→日本語」に変換!

スポンサーリンク

もし、その文章が英語的なら、じゃあ、まずはその人からのメールを英語に自動翻訳をかけてみよう!
そして出来た英文を、日本語に翻訳をかけてみよう!
すると〜〜〜

言葉遣いが丁寧になってる!!!!

すべての文章が綺麗に翻訳されるわけではないのですが、
片言の日本語ながら、google翻訳で翻訳される文章は、基本「丁寧語」になることが多いと思います。
その効果を使って、変換されてました。実際の例をあげて書こうと思ったのですが、流石に、万が一その文章を書いた方の目に止まったら嫌なので(笑

日本語の文章を、方言に変換してくれるサイトがありました!

スポンサーリンク

京都の優しい言葉尻の方言ってありますよねー。
もし、この方からのメールが、京都弁だったらどんな感じなのかなぁ。
そんな時コチラのサイトをご利用ください♪

もんじろう - 言葉・方言変換サイト
文章を方言やオモシロ語に変換! いつもと違う文章で驚かせちゃえ! 言葉変換サイト『もんじろう』

コチラのサイトは、何と方言に変換してくれます!
しかも、方言だけでなく、「武士語」「業界語風」「2ちゃん風味」など色々変換してくれます。

ちょっと、キツイメールで傷ついた心を、クスッと癒してくれるような気がしました(笑

同じ意味を伝えるようでも、どの言葉を選んで伝えるか。
とても大事な事だと思います。
時には、言葉選びのせいで、伝えたかった思いが伝わらなかったり、逆に、より効果的に伝えることが
出来たり。
難しいことですが、言葉遣いについて大事にしていきたいなと思ったのでした♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました