Bagpipe(バグパイプ)

「試行錯誤」バグパイプの除湿対策

スポンサーリンク

バグパイプに湿気は大敵??

バグパイプのメロディを演奏するチャンターの中にはダブルリードが入っています。

同じダブルリードの楽器で、オーボエなどもありますが、
ネットで色々見ていると、演奏前に水につけて置いたり、
他のリード楽器だと、ペロッと舐めて?から演奏をしたりするみたいですね!

しかし、同じリード楽器なのですが、バグパイプは、水気が基本的にはNGみたいです。
(厳密には理想的な湿度のパーセントはあるみたいです)

水につけたり、水気を帯びると、リードが一気に弱ってしまいます。

私は、寒い屋外でも演奏する事があるのですが、そうすると息の暖かさですぐに結露して水滴が付きやすく、濡れやすくなってしまいます。
ハイランドパイプは、そういった事への対策パーツが沢山の開発されているのですが、ガイタにはありません。
そこで、簡単な除湿グッズを作ってみることにしました。

シリカゲルと、お茶パック♪

元々パックに入っているタイプもありますが、
自分で作った方がお得なので1kgのシリカゲルと、お茶パックを買いました!

・こちらの商品は、レンジで温めなおすと再利用が可能みたいです!

スプーンを使ってこぼさない様に、お茶パックの中に詰めていきます。

中身がこぼれない様に、ホッチキスで止めます。
(ちょっと止め方が汚いので、2つ目を作るときには、等間隔でとめました(笑)

最後に、出来たシリカゲル入りのお茶パックを、バグパイプのバッグの中に入れます。

気になるその効果?実用性は?

まだ、部屋の中でしか試せてていませんが、いつもだと練習した後に
バッグの中に入っているウォータートラップ(ブロウパイプからの水気を貯めておくタンク)に水分が溜まるのですが、それがマシになった気がします。

湿気による、チャンターリードへの音程などの変化対策にも効果がありそうです!

どれくらいの量のシリカゲルと使うと良いのか、これからしばらく使ってみてまたレビューします!

バグパイプ奏者の方で、練習や、演奏していて、すぐにリードが濡れてしまったり、水気でお困りの方、少しの投資で試せますのでいかがでしょうか??

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です